速読術

速読術

速読は、文字を速く読むだけでなく理解をしていく術です。

ゴーゴー通販 > 速読術

速読とは


速読とは、字のごとく速く読むことですが、
その方法は速読術としていろいろ紹介されています。


速読とは、飛ばし読み、斜め読みをするのではなく、
ちゃんと、瞬時に内容を理解するもので、
視野を広げたりする目の訓練と、
理解度を上げ、情報を引き出すための脳の訓練が必要とされています。


速読術を身につければ、
文章を的確に理解、記憶、味わうこともできる様になりますから、
いろいろな可能性を持つことが出来るわけです。


大学受験や、資格取得、仕事、趣味にと活かす方法はあなた次第です。

 

速読の学校

速読術として公開されている方法はいくつかありますが、ここでご紹介するのはジョイント式と呼ばれる速読法で新日本速読研究会が提唱しています。

右脳を使うことはほとんどの人にはできないことなので、右脳を使う他の速読法は否定し、左脳で、まず視ることを鍛え、潜在能力を高めていくという理論です。

代表的なトレーニングとして、ページめくり訓練、眼筋力トレーニング、視幅拡大トレーニング、2点読みトレーニング、ブロック読みトレーニングが提唱されており、まず、文字を見る速度を速くし、その速度を脳に慣れさせ、中速、高速と繰り返すことで、習慣化し、脳を慣れさせてしまおうという理論です。

開発者の川村明弘氏は、ジョイント式速読術・速脳術・多分野学習法などの開発創始者として知られ、監修した任天堂のDSソフトや書籍も数多く発売されています。

ここでご紹介する「速読の学校」は、このジョイント式速読メソッドを利用したオンラインスクールです。

インターネットを通じて、1日7分間の毎日のトレーニングで、眼を鍛え脳を目覚めさせることで、情報処理能力UP、五感を鍛え、思考力・記憶力・理解力・集中力をアップさせることができると評判です。

「がんばらない」、「まじめにやらない」、「かんたん」な本物の速読術が身につくので、初心者でも速読を自宅でトレーニングできるのでお勧めです。

(能力開発)速読と記憶術なら特許取得の川村式ジョイント速読術|仕事効率も上がる勉強法

 

 

ジニアス速読法

ジニアス速読法

この速読法も速読の学校の手法を開発した川村明宏氏が開発した速読法です。

自宅で、マニュアル、テキストで学びながら、インターネットを利用して効率よくトレーニングをしていきます。

数々の特許を元に完成した速読術で、
・外国語学習装置 特許第3507005号
・多重聴取訓練装置および多重聴取訓練用記録媒体特許第3380212号
・基礎能力訓練管理システムおよび方法 6764311

英語版の速読術は全世界で120万人以上が愛用しています。

この速読とは速く読むことに加え、得る情報量を数倍にアップさせますから、仕事においても、大量の情報処理、膨大な資料のまとめなどのスピードがアップしますから、従来の作業を数分の1の時間で行うことが可能になります。

学生さんであれば、読むスピードと理解するスピードをアップさせ、今まで1時間かかっていた勉強が、"たった6分"で終わってしまうということになるのです。

こうなるために必要なことは、読む能力と理解する能力を高めるためにトレーニングサイトで、そのトレーニングをゲームをしている感覚で1日数分遊んでもらうだけだそうです。これだけで、どんどん読む速度が速くなっていきます。

 

ジニアス速読法

 

 

速読術 トップへ戻る

Copyright 2015 © ゴーゴー通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ